ネイティブエディターが考える、読みたくなる「モデルコース」とは?

Kirsty Munro ムンロ・カースティー
FunkyCorp インハウスエディター/コンテンツスペシャリスト

旅行者を魅了する柔軟な旅程を提供しよう

日本の旅行サイトやガイドブックで人気のコンテンツ「モデルコース」。日本のモデルコース コンテンツは、旅行者が限られた時間を最大限に活用する目的で制作されており、多くのモデルコースは分単位で紹介されています。 しかし、実はモデルコース、外国人旅行者にとっては、非常に制限的で柔軟性がないものと感じられます。

日本人の休暇は短く、旅行者は1日にたくさんの予定を詰め込もうとする傾向があるでしょう。一方、ヨーロッパでは多くの場合、休暇は2週間以上が当たり前です。 2019年の訪日旅行調査によれば、約30%は7日以上の滞在計画する個人旅行者であり、外国人旅行者はひとつの場所でより長い時間を過ごしながら、現地の文化にじっくりと触れたがっているのではないでしょうか。

Credit: Aldino Hartan Putra / Unsplash

英語ネイティブは、旅程を示すコンテンツを「itinerary」と呼びます。外国人旅行者を魅了したいのであれば、日本人が好む「モデルコース」ではなく、旅のプランニングに役立ち、インスピレーションを与える、より柔軟な「itinerary」コンテンツが好まれるはずです。「itinerary」コンテンツによって外国人旅行者が最適な交通手段を検討し、現地体験ツアーを予約するには、もっと自分のペースで地域を発見する必要があるのです。

FunkyCorpが制作したインバウンドサイトでは、このような外国人視点をもとに「itinerary」コンテンツを展開しています。ぜひ、ご覧ください。

-九州観光推進機構グローバルサイト「Visit Kyushu」Trip Ideas

-石川県観光公式サイト「Ishikawa Travel」Road Trips

Make an itinerary, not a model course

Inspire visitors with flexible plans

A popular phrase on Japanese travel sites and in guide books is “model course.” The aim is to help visitors make the most of limited time with a recommended travel plan, often timed to the minute. But for international travelers, this can feel very restrictive and inflexible.

While Japanese holidays are short and Japanese travelers want to pack a lot into their day, Europeans enjoy longer breaks, often 2 weeks or more. They want to spend more time in one place and experience local culture. According to a survey of incoming passengers to Japan in 2019, around 30% planned to stay over 7 days and 76% were traveling independently.

Credit: Averie Woodard / Unsplash

The solution is to create a flexible itinerary for travel planning, with suggestions and inspirations. This allows visitors to plan transport and book experiences, but gives them the flexibility to discover their own path.

Here are some examples of flexible itineraries that we made for Kyushu and Ishikawa

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.